2016年01月11日

ワンコ石鹸

昨年末から、ワンコのための石鹸作りを勉強しています。

石鹸シャンプーと合成シャンプーでは少々違うことを知って、

ワンコの石鹸シャンプーってどんなのだろう?って思ったから。


で、日本ハンドメイドドッグソープ協会のビギナーコースを受講してみた。

これが、また、私にはとっても面白かったexclamation×2

 

手作り石鹸は、オイル+アルカリ(苛性ソーダ)を混ぜて作られる界面活性剤。

オイル+アルカリ(苛性ソーダ)石鹸+グリセリンが生まれます。

これは、オイルの分子が、脂肪酸3つ+グリセリンという構造で、

脂肪酸3つ+アルカリ(苛性ソーダ)が石鹸になり、グリセリンは石鹸には不要。

だから、脂肪酸3つ+アルカリ=石鹸が生まれ、オイルに入ってるグリセリンも
石鹸の中に単独で残るんです。

グリセリンは、空気中の水分を集める働きがあるので、天然の保湿成分というわけ。

image001.png























合成シャンプーを工場で製作する時、グリセリンは石鹸作りには不要なので最初から

取り除かれてます。
その方が工場で製作する時には早く石鹸が固まり、効率が良いんですね。
ただ、手作り石鹸を作る時にはグリセリンを取り除かないので、石鹸の中に保湿
役割で残るってのが、手作りっぽくて良いわ〜と感動。

手作り石鹸を作るとき、オイル+アルカリ(苛性ソーダ)が基本で、
このオイルを何にするかで、石鹸が変わってくるのが面白い顔(笑)
オリーブオイル
キャスターオイル(ひまし油)やホホバオイル、アボカドオイルや
ココナッツ油・・・・
何を混ぜるかで
出来上がる石鹸が違うので、個性が出ます〜exclamation×2

そして、使用するお水や苛性ソーダの配合でも仕上がりが違うんです。

IMG_4827[1].JPG



























そんな事を学んだら更に興味が増して、クリエイターコースも受講しました()

今は、クリエイター認定を受けるため、卒業制作の石鹸を制作中。

どのオイルを混ぜようか、お水はどうしようか、大きさは、、、なんて考えてます。
ちょっと、はまりそう(笑)

IMG_4927[2].JPG


ニックネーム ジョンママ at 11:05| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする